インフルエンザの対応について

○登校前のお子さんの体温測定をする等の健康観察をお願いします。

○健康観察の結果、発熱や咳、咽頭痛等の症状があった場合は、無理せず、登校を控え静養し、早めに医療機関で受診するようにお願いします。そして、医療機関で「インフルエンザ」、または「インフルエンザの疑い」の診断を受けた場合には、学校(TEL48−1216)に報告してください。また、インフルエンザの簡易検査を実施した場合は、「A型」か「B型」か確認して報告してください。

○学校においても、お子さんの登校後に健康観察を行い、体調に変化を認めた場合には、速やかに保健室で健康状態を確認します。必要な場合には家庭に連絡しますので、医療機関で受診するようにお願いします。

○学校では、お子さんに対し、朝の会での手の消毒や「手洗い」「うがい」「咳エチケット」の指導を徹底しますが、ご家庭のご協力もお願いします。

○万一、ご家族が新型インフルエンザに感染した場合、お子さんへの感染の可能性が極めて高くなります。家族ぐるみで感染防止策を話し合ってください。

臨時休業について
 学級閉鎖等の措置については、下記の目安で実施します。

○学年閉鎖:学級を超えて感染拡大のおそれがある場合

○休   校:学年を超えて感染拡大のおそれがある場合

○措置期間:概ね4日間とし、状況により延長

トップぺージ