警報が発令された場合

(1) 登校前に警報が発令された場合の対応
 @ 豊橋市に「暴風・暴風雪警報」発令の場合
  ア 午前6時30分までに解除されたときは、平常通り授業を行う。
  イ 午前6時30分を過ぎ、午前9時までの間に解除されたときは、午前11時から授業を開始する。
     例  6:30に解除されたとき     平常通り
        7:45に解除されたとき     11:00から
        9:00に解除されたとき     11:00から
  ウ 午前9時をすぎても解除されないときは、当日は授業を行わない。
 A豊橋市に「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」発令の場合
  ア 原則として、平常通り授業を行う。
  イ 状況に応じて、授業の有無、授業開始時刻を決定する。
  ウ 必要の応じて、中学校区内の小中学校と連携をとる
(2) 登校後に警報が発令された場合の対応
 @豊橋市に「暴風・暴風雪警報」発令の場合
  ア 台風の中心位置、進行速度及び方向、気象状況などにより判断し、全児童を安全に帰宅させうると判断したときは、当日の授業を中止し、てすみやかに下校させる。
  イ 通学路が危険と認められるときや通学距離などにより、帰宅が困難と認められるときは、当該児童の安全を校内において確保する。学校に残した児童は、校内の最も安全な場所に集め、その旨を家庭に連絡する。
 A豊橋市に「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」発令の場合
  ア 気象情報を把握するとともに,気象交通機関及び通学路の状況などを判断し、授業の継続または中止を決定する。
  イ 通学路が危険と認められるときや通学距離などにより、帰宅が困難と認められるときは、当該児童の安全を校内において確保する。学校に残した児童は、校内の最も安全な場所に集め、その旨を家庭に連絡する。
(3) 東海地震注意情報・東海地震予知情報(警戒宣言)が発表された場合の対応
 @情報の収集伝達
  ア 市教育委員会から東海地震注意情報の発表について小中学校にFAX連絡を入れる。
  イ 校長は、校内にいる教職員にその事実を伝える。
 A児童への対応
  ア 児童が在学中の場合
   ・授業や部活動を中止し、次の「B」のほうほうですみやかに下校させる。
  イ 児童が校外学習中の場合
   ・学校と連絡をとり、校長の指示で対応を決定する。(原則は帰校する。)
  ウ 児童が登校前・下校後の場合
   ・自宅待機とする
  エ 児童が登校中の場合
   ・原則として帰宅させ、家族と共に行動させる。
B 児童の保護・引き渡し等
  ア 校長は、教職員に指示して、児童の所在を出席名簿により確認する
  イ 保護者への引き渡しは、各学校で決められた「地震防災規定」の方法による。
  ウ 適応指導教室(麦笛広場)の児童について、原則として名簿で確認の上保護者へ引き渡す。引き取りのない児童につい 
   ては、施設内で保護する。注意情報発表後は、それぞれに市教育委員会から1名が非常配備員として配備につく。
(4) 東海地震注意情報・東海地震予知情報(警戒宣言)が解除された場合の対応
@ 解除されるまで休校とする。
A 解除された場合は、「暴風警報」の解除と同様の対応をする。

トップページに戻る