タブノキ 椨  
 葉や樹皮には粘性がある。たとえば葉柄を切り取ってもう一度ひっつけてゆっくりと離すと、粘液の糸を引く。このような粘着性を利用し、線香の粘結剤として利用されたという。
 
  もどる